ドッグフード「プロマネージ」。ドッグフードに使われている「とうもろこしは遺伝子組み換え作物」がほとんどなのが気になる

ドッグフード「プロマネージ」。ドッグフードに使われている「とうもろこしは遺伝子組み換え作物」がほとんどなのが気になる

ドッグフード「プロマネージ」のいまいちな口コミ

しばらく与えていましたが、この餌に含まれて入る酸化防止剤のBHA、BHTが、発がん性物質を発生させる恐れがあることを知り、この餌は絶対に無しだと思いました。今まで成分をしっかり確認せずに、良いところしか見ていなかったことを後悔しています。

ニオイが気にならないフードなので気に入って買っているのですが、あんまり食べてくれません。食が細い犬なので他に変えても同じかもしれないのですが、もしかすると好みに合わないことも考えられるので、無くなったら他のフードを試してみようと思っています。

名前がパーフェクトフィットからプロマネージに変わったようです。名前が変わってからは価格が上がってしまいました。非常に残念に思っています。今後続けるか、違うものに変えてみるかで悩んでいます。もう少しお安くなると良いのですが・・・。

<年齢別>安心・安全なドッグフードの選び方

ドッグフード「プロマネージ」の良い口コミ

長い期間、プロマネージを愛用しています。下痢も全くしないですし、便の調子がとても良いです。毛の艶も良くなり、体調も良いですし、うちの犬には合っている商品だと思います。残すことも無いので、ずっとリピートする予定です。

食欲旺盛なワンコですが、このフードを与えたら更に食欲旺盛になったような気がします。前のフードの時は数粒残っていることが多かったのですが、今は1粒も残さずキレイに食べてしまうほどです。気に入っているようですし、飼い主としても嬉しいです。

幼犬の頃からプロマネージを与えています。餌が良いからか、病気になることがなく、とても元気に過ごせています。薄い小粒なので、小さい口でも食べやすいみたいです。残すことも無いので、このままプロマネージを与えていこうと思っています。

ドッグフード「プロマネージ」の評価

ドッグフード「プロマネージ」。ドッグフードに使われている「とうもろこしは遺伝子組み換え作物」がほとんどなのが気になる

目的別、年齢別、犬種別と細分化され、さまざまなタイプの愛犬のヘルスケアに配慮したドッグフード「PROMANAGE」は、ウォルサム研究所との共同開発によって生まれたブリーダー、獣医師も推奨する高機能フードをキャッチコピーとしています。

 

口コミでは「食いつきが良い」「毛艶が良くなった」などの高評価と「発ガン性物質が含まれている」「価格に満足がいかない」などと評価が分かれていますが、犬の健康面から見てこのドッグフード「PROMANAGE」の原材料と成分はどうなのでしょうか?

 

原材料のメインは?

「PROMANAGE」の原材料を見てみると、一番最初に「米」と書かれていることから、一番多く含まれている主原料が米であるということがわかります。また、さとうもろこし、とうもろこし、コーングルテンといった穀物類が多く含まれていることがわかります。穀物類は、少量で満腹感を得られるため、ドッグフードでよく使用される原材料ですが、大量に摂取すると消化不良やアレルギーを起こす可能性があります。また とうもろこしは、多くの犬にとってアレルゲンとなる原料です。

 

穀類などの炭水化物は、短い腸を持つ犬にとって消化の負担になります。その上、穀類は血糖値を急上昇させる原材料であるため、肥満、糖尿病などのリスクがあります。肥満、アレルギーのある犬にとっては、穀物類を主原料としているドッグフードはおすすめできません。なお、コーングルテンに限らず、ドッグフードに使われているとうもろこしは遺伝子組み換え作物がほとんどであるため、この点も気になるところです。

 

犬にとって大切なタンパク質の量は?

犬の主食である肉類ですが、この「PROMANAGE」のタンパク質はチキンがメインです。ただし、チキンミートなのかチキンミールなのか明記されていないため、実際のタンパク質量がどのぐらい含まれているのか不明です。また、チキンエキス、家禽類、フィッシュミールといったどんな鶏や魚のどの部位なのか不明なものが含まれています。これは、犬にとってアレルギー、病気、行動上の問題などの誘因となる可能性があり、危険性の高い原材料が含まれていると言えます。

 

食いつきが良くなる成分は?

「PROMANAGE」には、シュガーピートパルプやコーングルテンといった原材料が含まれています。シュガーピートパルプは、砂糖大根から砂糖を製造した後に残る繊維質がメインの副産物です。このシュガーピートパルプは、安価で大量に作ることが可能で、その上食いつきを良くするための甘味料としてドッグフードによく使われている原材料です。これは、大切な栄養素の効果を弱めるばかりか、たんぱく質、カルシウム、ミネラルの吸収を妨げる原料として知られています。長期間にわたってこのドッグフードを食べ続けると、健康なカラダのバランスをキープできないために肥満、栄養不良をはじめ、アレルギーや攻撃的な性格といった行動上の問題を起こす要因となりかねません。

 

まとめ

原材料に、鶏脂、サンフラワーオイル、緑イ貝粉末など、犬にとって有効な栄養素も原材料に含まれている「PROMANAGE」ですが、穀類中心、酸化防止剤に発がん物質として知られているBHA、BHTが使用されているところが最も気になるところです。

 

ドッグフード「プロマネージ」の原材料

米、チキン、さとうもろこし、とうもろこし、チキンエキス、家禽類、鶏脂、コーングルテン、シュガービートパルプ、サンフラワーオイル、フィッシュミール、フラクトオリゴ糖、トマトパウダー、マリーゴールド、マリンコラーゲン、低ラクトース乳清、緑イ貝粉末、初乳、STPP(トリポリリン酸塩)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素、リン)、アミノ酸(タウリン)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

 

 

デリケートな子犬の為に 免疫力を維持し、健康を維持 初乳に多く含まれる免疫グロブリンで子犬の健康な成長をサポート。 健康的な便 初乳に豊富に含まれるラクトフェリンが腸の善玉菌を増やし、健康的な腸内環境をサポート。 健康的な脳の発達をサポート DHAを含むフィッシュオイルを配合し、子犬の健康的な脳の発達をサポート。

12ヶ月までの子犬用(パピー)|目的から探す(一覧)|高品質・高機能 ドッグフード プロマネージ?