ドッグフードを切り替えて健康に。ミニチュアダックスのミックス犬

ドッグフードを切り替えて健康に。ミニチュアダックスのミックス犬

 

最初に食べていたドッグフードは脂分が多く、食いつきは良かったのですが、ウンチが黒くてとても臭かったです。ドナを買ったペットフードのお勧めということもあり、しばらくは使っていたのですが、臭さに耐えられずに切り替えることを決断しました。その後、何度かドッグフードを変えています。

 

2番目にはラム&ライスのドッグフードにしてみました。ウンチの状態や臭いは改善されたのですが、ドナの体臭が獣臭くなり、体重も増えやすくなりました。これはこれで問題だと感じたので、さらに切り替えることにします。

 

そして、今食べているドッグフードのフィッシュメインのものにしました。ウンチも体臭も問題はなかったのですが、今度は粒が大きめで食べたら吐くようになりました。

 

ミニチュアダックスのドッグフード口コミ

犬種 ミックス犬(ミニチュアダックスフンドとヨークシャテリアのミックスです)
名前 ドナ(10月7日に家に初めて来たので、10・7でドナです)
性別 男の子
年齢 3歳7ヶ月
体重 4.6s
1回の食事量 40g
食事の回数 1日2回(朝は8:30、夜は7:30ごろです)
1日に必要な食事量目安 115g
1日に必要なカロリー目安 230kcal -690kcal

 

※1日に必要な食事量は、犬の体重÷40=1日に必要な食事量で計算
※1日に必要なカロリーは体重1sあたり50kcalから150kcalで計算
※1日必要な食事量とカロリー目安は、犬の個体差があるので参考程度になります。

 

「ドナ」とは、夜は一緒のベットで寝ています。朝は御主人様よりもゆっくり寝ている寝坊助です。おやつが欲しいとトントンと手で突っついておねだりしてきます。ドッグランではいろいろなわんちゃんにからんでいって鬼ごっこをするのが大好きです。トイレのしつけはまったく手がかかりませんでした。ただ、ピンポンが鳴ると吠えまくります。抱っこされるのは大好きです。

 

現在食べているドッグフードの商品名 ニュートロ・シュプレモ

ドッグフードを切り替えて健康に。ミニチュアダックスのミックス犬

 

最終的にほぼ同じ素材で粒の小さいドッグフードに落ち着いています。

 

それが今食べている「ニュートロ・シュプレモ」です。実際にドナが食べ始めたのは3歳からのことになりますので、約半年です。今のところここから切り替える予定はありません。

今のドッグフードに切り替えるとかなり改善されました

ドッグフードを切り替えて健康に。ミニチュアダックスのミックス犬

 

別のペットショップの定員さんに相談したところ、勧められたのがこの「ニュートロ・シュプレモ」です。

 

ドナがこのドッグフードを食べるようになって、以前のような問題はなくなりました。ウンチも茶色で形の良いものになり、ウンチの臭みも減りました。一時期はとても気になった体臭も獣臭さがなくなり、ドッグフードを食べても吐くことがなくなりました。

 

食事は毎日のものなので、そこに不安を感じることがなくなったのはとても助かります。このドッグフードを勧めてくださった定員さんに感謝しております。

 

ただ、まったく問題がなかったわけではありません。このドッグフードに切り替えて最初の頃は、適量を与えているのですが、物足りなさが目立ちました。まだ食べたい!というアピールが凄かったのです。

 

もともとダックスフンドの血も受け継いでいるのでドナは胴長で短足、体重が増えると腰を痛めやすい犬種です。ヘルニアになりやすいので、赤ちゃんの頃から体重には気をつけています。ですからいくらおねだりされても必要以上にはドッグフードを与えられません。

 

そこで工夫をしたのはドッグフードに水を含ませることです。

 

最初は吐く癖があったので水を多めにして時間をかけてふやかしてから食べさせていました。少しずつ慣れてきたので、今は水の量は減らし、ふやかすこともしていません。どちらにせよこうすると早食いも防げますし、水も飲んでお腹も膨らむようで満足気にはなっています。

 

また、水を含む分だけ1回の食事の量をやや減らし、その分をおやつに回しています。散歩や留守番など何かあるときにはこちらのおやつから与えるようにしていますので、1日の食事量は厳密にコントロールできています。おかげで現在はベスト体重をキープできている状態です。

 

バースデイドッグに毎年連れて行って診察してもらうのですが、骨・内臓・血の成分ともにまったく問題なくここまで育っています。

 

今食べているドッグフードの詳細について

ドッグフードを切り替えて健康に。ミニチュアダックスのミックス犬

 

「ニュートロ・シュプレモ」は、自然飼育のチキンがメインの素材になっています。ドナは小さな頃からチキンが大好きなのでピッタリです。その他にも含まれている素材が豊富なことに驚きます。

CHECK原材料

牧草で育ったラム(良質なたんぱく質とビタミンB群)、海の恵みのサーモン(良質なたんぱく質とDHA、EPA)、全卵(必須アミノ酸)、玄米(ビタミン、ミネラル)、オーツ麦(食物繊維)、ひまわり油(必須脂肪酸)、亜麻仁(α-リノレン酸、ポリフェノール)、パンプキン(緑黄色野菜)、ホウレン草(鉄分、ルテイン)、ニンジン(β-カロテン、ビタミンA)、完熟ザクロ(ビタミンB、ビタミンC)、ブルーベリー(ポリフェノール)、クランベリー(アントシアニン、カテキン)、完熟トマト(リコピン)

 

のように15種類の自然素材を厳選し、その素材力を活かしてホリスティックにブレンドすることで、必要な栄養バランスを実現したナチュラルフードになっています。その効果があってドナは現在健やかに育っています。

 

ドナは赤ちゃんの頃は体が弱く、毎週のように動物病院に行っていました。下痢ばかりしていましたし、元気になって走り出したと思ったら吐いたり、耳の病気になったりとたいへんでした。それが今では狂犬病の注射やバースデイドッグくらいしか動物病院に行かなくなりました。かなり丈夫に育ってきて一安心しています。ここ半年、食事で心配することもなくなりました。

 

おわりに

ドナは我が家にとって大切な家族です。ドナのおかげで家族はみんな明るく過ごせています。ドナには元気で長生きしてくれることが一番の望みです。ドナの笑顔なくして我が家は成り立ちません。

 

皆さんも同じ気持ちではないでしょうか。ドッグフードを変えることで犬の体調はかなり良くなるので、その犬にあったドッグフード選びをしてみてください。今の体調を改善するのはもう無理かなと感じている方も粘り強く探してみてください。きっと見つかりますよ。

 

ミニチュアダックスのドッグフード