災害などで愛犬と一緒に避難。もしもに備えてできるトレーニング

地震や大雨による土砂災害など、災害が起きたら家族として一緒に暮らす愛犬はどうしたらよいのでしょうか?

災害などで愛犬と一緒に避難。もしもに備えてできるトレーニング


愛犬と避難

東日本大震災ではペットと一緒に避難することが周知されていなかったため、ペットと離れ離れになってしまうといった問題も多く発生し、いまでも迷子のまま再会できていないケースもあります。

 

環境省では災害時のペットの同行避難を推奨していますが、災害に備えて普段からできるトレーニングをご紹介いたします。

 

クレートトレーニングができていれば犬もヒトも負担が減ります!

 

同行避難とは、人とペットが危険な場所から安全な場所へと避難することです。

 

しかしながら、避難所の状況によっては、人と同じスペースで過ごせるとは限りません。

 

そんな時、普段からクレートが愛犬にとって落ち着ける安心の場所であり、クレート内では静かに過ごせることを練習しておくと、避難時の愛犬のストレスも大きく軽減できるほか、

 

給水所や支援物資の受け取りのために、同伴できない場所へ行くしばらくの間、誰かに迷惑をかけることなく静かに待たせることもできるのです。

 

クレートに閉じ込めるのは可哀想?

 

愛犬をクレートに入れることを「閉じ込めて可哀想」という飼い主さんの声をよく耳にしますが、災害時避難所など、不特定多数の人が集まる場所で自由であることは犬にとって本当に安心できるかというとそうではありません。

 

普段の生活では、一緒に暮らす家族は、愛犬のことを良く知り、愛犬も「家」という安心できる自分の居場所の中で生活しています。

 

しかしながら、避難場所では、愛犬の知らない場所・知らない人に囲まれて様々な刺激に晒されてストレスを抱えてしまいます。そのようなストレスを受け、無駄吠えや分離不安を生じてしまうことがあるのです。

 

こうしたことから、災害時を含め、どんな時でもクレートの中に居れば不必要に干渉されず、安心できる居場所ということを愛犬が理解できると、災害時であっても多少のストレスは軽減できます。

 

愛犬にぴったりのクレートは?

大きさは、愛犬が入ってお座りが出来る高さ、寝てる向きをクルリと方向転換できる幅のあるものがベストです。

 

広くて大きいものを選びたくなりますが、犬は古来、穴蔵で暮らす野生の生き物であり、また寝床を汚したくない綺麗好きな習性をもっているため、大きすぎるものが良いとも限りません。

 

また、不必要に大きなものは避難時に運搬する際、不便です。

 

普段から愛犬の居場所として室内に設置するのであれば、航空輸送基準をクリアした樹脂製で軽くて強度のあるものがオススメです。震災時まず家の中に居る時の落下物から身を守ることもできますし、余震の続く数日間はクレートで過ごさせるなどして家の中でも安全を確保できます。

 

急な避難時に沢山の荷物を持ち出すことは難しい場合に備えて、布製で折りたたみ式の簡易なクレートを室内とは別の車内のラゲッジスペースに置いておくなどすると緊急時、避難方法の幅が広がります。

ハウスになるキャリーバッグやクレート

愛犬を入れてそのまま持ち出すことができると便利ですが、愛犬を連れて歩かせて避難する場合はクレートの中に犬用の避難用品を入れておいても良いでしょう。 下記のような災害にも活躍するキャリーバッグもあります。値段は高いですが、一生使えるものなのでいざという時のための備えとして買っておくのも良いです。 災害時に犬と避難することを考えただけあって、使いやすくて良く考えられています。まだ、キャリーを持ってない人は参考にしてください。
災害などで愛犬と一緒に避難。もしもに備えてできるトレーニング

愛犬の安全を考えた「震災にも使える犬のキャリーバッグ」はこちら>>

クレートトレーニングを始めるコツ

クレートトレーニングのゴールのイメージは「愛犬が喜んでクレートに入ること」、「愛犬が安心してクレートで過ごせること」大きながポイントです。

 

ですので、強引にクレートの中に入れるのではなく、自発的にクレートの中に入るようにおやつなどで誘導し、愛犬が喜ぶことが起きる場所であることを認識させます。

 

そのために日常からできることとしては、室内にクレートを置いておくこと。クレートの中で楽しい事がいつも起きるという演出が大切です。

 

毎日のゴハンはクレートの中で食べる

クレートと、生命を維持するために必要な食事を結びつけると、クレートに入る事への不安のハードルはグッと下がります。まずは毎日のゴハンをクレートの奥に置き、扉を閉めず愛犬が誰からも邪魔されることなく安心してゴハンが食べられることを覚えてもらいます。
根気よく毎日続けていると、ゴハンの用意をすると、自らクレートに入る犬もいます。

 

クレートの中に居ると特別なおやつがもらえる

ゴハン以外の時間、毎日ご褒美に与えるオヤツはクレートの奥に入れて中で食べさせるなど、ゴハン意外にも嬉しいことが起こる場所として覚えさせましょう。
クレートの中に折りたたんだバスタオルを入れ、タオルの隙間に匂いの強いジャーキーやチーズのかけらを何箇所かに隠して、クレートの中で宝探しをさせて楽しませてあげたり、コングなどの知育トイや、ガムなど時間のかかるオヤツをクレートの中で食べさせて、滞在時間を少しずつ伸ばしていきます。

 

焦って扉を締めないこと

クレート内は愛犬が安心することが目的です。愛犬が中に入ったからといって慌てて扉を締めると不安にさせてしまいます。ゴハンや時間のかかるオヤツに夢中になっている間、そっと軽く扉を閉め、食べ終わったらすぐに出してあげるなど「扉」へのハードルも下げていきます。
「開けて欲しい」と鳴く前に開けることがコツですが、もしも鳴いてしまった場合は、必ず鳴き止んだタイミングで扉を開けます。

 

少しずつ時間を伸ばす

扉を閉めてもクレートの中で安心してゴハンやオヤツを食べられるようになったら、その間に“トイレに行く”、“お風呂に入る”など飼い主さんの日常生活の中で愛犬と一緒に居られないシーンに合わせてクレートでの滞在時間を延ばしていきます。このとき、クレートの中から外の様子が見えると愛犬にとって不安の刺激を与えてしまうことになるため、ブランケットなどクレートを覆うことのできる布をかけて目隠ししてあげる方が良いでしょう。

 

いかがですか?クレートトレーニングは仔犬の頃に学んでおくことがベストですが、筆者の愛犬達は7歳、10歳になってから覚えました。また、実際に余震が続く夜はクレートの中で寝かせられたことも災害時、犬たちの安全を確保できたと実感しています。避難時だけでなく、長引く仮設住宅での生活にもクレートトレーニングは必ず愛犬のストレスを軽減してくれることでしょう。

 

愛犬のための避難グッズ・防災グッズ>>