お散歩におすすめの犬の靴。夏用と冬用、介護用の靴まで

最近になって、犬に靴を履かせる人が増えてきました。

 

なんで犬に靴が必要なの?意味があるの?と思ったことはありませんか?

 

お散歩におすすめの犬の靴。夏用と冬用、介護用の靴まで

 

私も最初はファッションだからつける必要はないと思っていましたが、実は犬の肉球を保護する大切な役割があるんですね。

 

お散歩のときに、犬に靴を履かせることで肉球の怪我を防げますし、室内であれば、老犬のように足を引きずってしまうワンちゃんの助けにもなります。

 

犬に靴を履かせるメリット

 

散歩から帰ってきて足を洗う必要がない

 

散歩に行くたびに帰ってきて犬の足を洗って吹くのは面倒ですよね。

 

しかし、あらかじめ犬に靴を履かせて於けば、靴を脱ぐだけですぐ部屋に入れます。

 

仮に散歩で気づかないうちに足を怪我した場合でも、バイキンが傷口から入ってくることもないので安心です。

 

日常の散歩やレジャーでの怪我対策になる

お散歩におすすめの犬の靴。夏用と冬用、介護用の靴まで

犬と一緒に山にいったり、海や川遊びに行ったときも、大きな石や危険なゴミがあるので靴は常備しておいたほうが良いです。

 

山だと除草剤の薬、海や川だと不法投棄の瓶や缶などのゴミが犬の肉球を傷つけることがあるので、日常の怪我防止にも犬の靴は役立ちます。

 

犬の靴に慣れておけば、災害時に怪我をしにくい

 

普段から犬に靴を履かせて慣れさせておけば、地震などの災害時に、ガラスの破片などが散らばっている状況でも犬を連れてすぐ脱出できるメリットもあります。

 

犬に靴を履かせるデメリット

 

犬に靴を履かせることで犬のストレスがたまってしまったり、長時間装着すると体温が上がってしまうこと、爪による踏ん張りができなくなるといったことも考えられますので、散歩のとき限定で履かせて上げるのが良いでしょう。

 

靴底がゴムになっているので、噛みちぎって誤飲することも考えられますので、家の中ではしまっておいたほうが安全です。

 

犬の靴を選ぶときのポイント

  • 履かせやすい靴
  • 脱げにくい靴
  • 軽くて歩きやすい靴

(夏用)夏の暑さ対策に

もともと犬は靴が不要な動物です。

 

しかし、道路が土ではなくアスファルトが増えてきたため、夏の強い日差しでアスファルトが50度以上の高温になって肉球を火傷する犬が増えてきました。

 

その火傷防止のため夏は犬の靴を履かせて散歩させてあげましょう。

 

夏は、メッシュタイプで涼しい靴がおすすめです。

 

夏用の犬の靴を見る>>

 

(冬用)冬の雪道や寒さ対策に

冬は、雪道を歩くと肉球が凍傷してしまう可能性もあります。

 

また、雪遊びをする場合も犬がはしゃぎすぎて足を怪我することや、雪で道のガラスや釘などが見えないこともあるので履かせて上げたほうが安全です。

 

北海道や東北の雪国での散歩は氷で滑ることも多いですし、足元から体温が下がってしまうこともあるので、防寒用として靴を履かせてあげましょう。

 

冬は、温かい素材でできて、滑りにくい靴がおすすめです。

 

冬用の犬の靴を見る>>

 

(介護用)老犬の介護に靴を履かせる

 

ただし、老犬の場合は、介護で靴を履かせることが多いです。

 

室内で転倒しがちだったり、すり足で足を引きずっている場合、爪先から出血してしまうことがありますので、少しでも老犬が暮らしやすいよう常時履かせてあげるのも良いと思います。

 

足の甲をひきずるナックリングに。

 

介護用の靴を見る>>

 

市販の犬の靴を比較

Mud Monsters(マッドモンスターズ)/Muttluks

「Mud Monsters」はシーズンを選ばず、獣医からの評価も高い靴です。毎日のお散歩からアウトドアまで使えます。色はブルーとオレンジの2色。サイズも小型犬から大型犬用まで揃っています。通気性の良い素材を使用しており、靴底はゴムで、犬が違和感なく履けるよう開発されたストラップが足と靴をしっかりと密着させます。

 

OUTBACK BOOTS(アウトバックブーツ)/Hurtta

「OUTBACK BOOTS」はフィンランドのHurtta社が開発したHoundtexRという乾きやすい素材を使った靴です。靴底はゴムで出来ていて、普段のお散歩でも気になるアスファルトによるやけどや雪道でのしもやけを防ぎます。右足用・左足用があり、靴内部も起毛素材を使用するなど履き心地の良さも追及しています。

 

快適な靴 屋外用(ひきずる足用)

「快適な靴・屋外用(ひきずる足用)」は老犬などの歩行が困難な犬の足を保護するための靴です。犬が履きやすい設計になっており、甲部分には柔軟性と弾力性を持つ合成樹脂EVAを使っています。地面に付く部分には起毛ゴムを使用し滑りにくくしてあります。マジックテープで足と靴がしっかり固定されるので歩行トレーニングにも使用することが可能です。

 

PetPi 犬の靴 犬靴 柔らかく軽く履きやすい シューズ 肉球保護 滑り止め 犬用靴

「PetPi」は普段のお散歩の他にもアクティブにアウトドアで過ごす犬のために作られた靴です。夏の暑い地面や冬の冷たい雪などから肉球を守ります。デニムキャンバスで作られているので、見た目がオシャレなだけでなく丈夫で通気性があります。また、地面に当たる部分は滑り止め付きゴムソールで歩きやすい設計になっています。

 

ポウズ (PAWZ) ラバードッグブーツ


PAWZの「ラバードッグブーツ」は中型犬用の靴です。天然ゴムで出来ており、足にフィットする作りになっています。底面にクッションが入っていないのが特徴で、犬に違和感を感じさせません。足の保護や雨の日のお散歩用に使用する以外にも、他の商品と比べて薄いのでシニア犬の室内用として利用する飼い主も多いです。

 

HAVEGET ドッグブーツ 犬用靴 愛犬のお散歩 滑り止め 雨の日 柔らか 軽い 中型、大型犬にもフィットドッグシューズ

HAVEGETの「ドッグブーツ」はお散歩用に作られた綺麗なオレンジ色の靴です。両面にファスナーが付いていることで着脱が簡単になり、足のズレを防ぎます。素材はネオブレンという軽くて柔らかい合成ゴムで出来ており、底は滑り止め効果の高いゴムでできた防水ソールです。犬も違和感なく、出先で思いっきり運動を楽しめます。

 

Petacc ペット用 靴 犬用 シューズ レインブーツ 足首調節可 滑り止め 肉球保護 雨靴

Petaccの靴は、室内用、お散歩用、介護犬用と幅広く愛用者がいるのが特徴です。本体はナイロンで出来ており、長めのマジックテープをくるっと巻いて足に固定するだけなので使い方も簡単です。靴裏は滑り止めつきの耐油性合成ゴムです。犬によっては違和感を感じてしまう敏感な子もいますが、気に入る子は喜んで履いています。

 

犬の靴のサイズの図り方

 

犬の足はサイズがいろいろで、前足と後ろ足でサイズが違うことも多いです。

 

サイズを図るのも一苦労ですが、まず犬には爪があるので、爪をカットしておくと良いです。

 

そして、犬に立ってもらったら図りたい足を紙の上に乗せて足の外側をペンや鉛筆でなぞって足の大きさを紙に書きます。

 

長さと幅で一番長い部分を図って足首の太さを図り、サイズ表を見ながら一番近いサイズを選びます。

 

足首の太さはばらつきがあるので、最初は簡単にはがせるマジックテープの靴を買ってみるのが良いです。

 

なるべくピッタリしたサイズの靴を見つけてあげられるように、いくつか靴を買って合う靴を探してあげましょう。

 

市販の靴で脱げない犬の靴というのは、犬によって異なるので、オーダーメイドで犬の靴を作って上げても良いと思いますよ。

 

靴のはかせ方

 

犬に靴を履かせると嫌がります。

 

これは本能的に足を触られるのが苦手なためで、放って置くと自分で靴をかんで脱ぐこともあります。

 

靴を履いたとしても、違和感からしばらく固まって動かないこともあるので、慣れるまで時間がかかりますね。

 

最初は、歩きづらかったりして転んでしまうこともあります。