最近、元気がない?食欲のない老犬におすすめの鹿肉ドッグフード

鹿肉のメリットとデメリット

鹿肉の1番のメリットは、高い栄養価にあります。鹿肉は高タンパク、低脂肪、低カロリー、低コレステロール、低飽和脂肪酸と非常に優れた栄養価を持っており、鉄分やベータカロチンも豊富に有しています。

また、食物アレルギーに悩むワンちゃんが多くなっていますが、鹿肉は他の肉類に比較してもアレルギー性が非常に低い食材であるといえます。

なぜなら、鹿肉は消化が良いため体内の免疫システムが鹿肉タンパク質をアレルゲン(アレルギーの原因)だと認識しづらく、アレルギーが引き起こされにくいのです。
さらに、鹿は野生の状態で生活しているため、鶏・豚・牛のような家畜動物と違い、生育の過程で添加物や抗生物質、ホルモン剤のような化学薬品の影響を受けません。

この点からも、鹿肉なら安心して大切なワンちゃんにあげることができます。

鹿肉にも注意したいデメリット

まずは、価格の高さです。鹿肉は他の家畜肉に比べて高価なお肉になります。

また、鹿は野生動物がゆえに、お肉の供給が安定しないことも不安材料となります。

家畜のように計画的にお肉を生産できるというものではなく、狩猟に依存しているため、時期や気候などによって、供給量が増減することもあるでしょう。

柴犬

野生本来の食事に近い鹿肉のドックフードに対しては、偏食のワンちゃんであっても喜んで食べるという声が多く挙がっています。ただし、飼い主側からすると、匂いがきついと感じる方もいらっしゃるので、使い勝手は人それぞれといえます。


老犬に鹿肉ドックフードをあげる良い点


鹿肉の栄養素は愛犬の老化防止に高い効果が期待できるといえます。

鹿肉は高タンパク・低脂肪なので、効率よく栄養補給できます。
少量で充分な量のタンパク質が補えますので、食欲の落ちたシニア犬にはおすすめです。

鹿肉には「セリン」というアミノ酸成分が含まれており、セリンには強い抗酸化作用がある
活性酸素は体を老化させる原因物質であるかと認識されており、活性酸素から体を守ることが健康維持につながります。

鹿肉ドッグフードを選ぶ時のポイント

まずは、鹿肉の質や配合比について確認しましょう。

主原料は含有量が多いものから順に記載されているため、第一原料として最初に「鹿肉」と書いてあるものを選びます。

鹿肉のグレード

「ヒューマングレード」と明記されている商品であれば、人間が食用にできるのと同等の高品質のお肉を使用しているということですので安心です。ただし、ヒューマングレードと書いていなくても、お肉に対する安全性が外部機関によって証明されていれば問題ないでしょう。

鹿肉以外の原材料や添加物

鹿肉さえ入っていれば良いかというとそうではなく、鹿肉以外の成分も非常に重要になります。例えば、犬の体に負担となる添加物が入っている可能性を避けるために「無添加」や「人工添加物不使用」などと書かれている鹿肉ドッグフードを選ぶことをおすすめします。

「グルテン」にも注意が必要

グルテンとは小麦、大麦、ライ麦などの穀物から生成されるタンパク質の一種で、グルテンにアレルギー反応を示すワンちゃんが近年多く報告されています。また、穀物は犬にとっては消化しにくい素材であるため、せっかく消化の良い鹿肉を使用していても、穀物を含んでいたら、その商品は鹿肉の良さをうまく引き出せていないでしょう。そこで、せっかく鹿肉のドッグフードを選ぶのであれば穀物を使用していない「グレインフリー」の商品、もしくは「グルテンフリー」の商品を選ぶことが重要です。


鹿肉ドッグフード3種の紹介

・鹿肉ドッグフード ドッグスタンス


(老犬用)DSの鹿肉ドッグフードはコチラ >>


鹿肉ドッグフード「DOGSTANCE(ドッグスタンス)」は専門家によって開発されたものであり、国内シェアNo.1の国産・野生鹿肉の無添加ドッグフード専門店ドッグスタンスから販売されています。国産・野生の鹿を麹熟成させることで、柔らかく消化しやすいドライフードとなっており、体力の落ちたシニア犬でも安心です。また、「生肉」を90℃以下で加工することで、熱に弱い有用な成分も摂取できます。

実際に利用した飼い主の方からは食いつきが良く、食べ残しがないと口コミが寄せられており、シニアになってもお散歩をしっかり楽しめると嬉しい声も挙がっています。

・みらいのドッグフード


(老犬用)みらいのドッグフードはコチラ >>


みらいのドッグフードは、マクロビオティックの考え方が取り入れられた鹿肉ドックフードで、腸内の健康対策にも力を入れて開発されています。その他、国産・無農薬素材の使用、低温加工で栄養素を壊さない、添加物不使用など、ワンちゃんの健康寿命の伸ばすことを考えて作られています。

平均的なドックフードよりは価格の高いドッグフードではありますが、病気にかかった時の出費を考えたら結果として安い出費であると、継続して利用されている方が多いようです。

・ニュートロ ナチュラルチョイス ドッグフード 鹿肉&玄米

ニュートロ ナチュラルチョイス ドッグフードのシリーズには、リノール酸と亜鉛が配合ざれており、ワンちゃんの皮膚や毛の健康維持に配慮されて開発されています。同一ラインには鹿肉だけではなく、チキン、ラム、ニシン、サーモン、ダックと、合計6種類の豊富な味が展開されていますので、ローテンションを組んでワンちゃんの飽きを防ぐことも可能です。

その中でも鹿肉を使ったものは、少ない量でも栄養価が高く、消化吸収が良いので、シニアのワンちゃんにもぴったりと評判です。また、ナチュラルチョイスシリーズは、高品質なお肉を使ったドッグフードの中では、お手頃な価格設定であるので、気軽に試すことができます。

まとめ

 低脂質・高タンパクの鹿肉はアレルゲンとなりにくく、食欲の落ちたシニアのワンちゃんに対しても健康維持や活力回復を期待できる素材です。そこで、鹿肉を使用したドッグフードをぜひ活用していただきたいと思います。ただし、鹿肉使用を謳っている商品であっても、中には粗悪な鹿肉を使っているもの、鹿肉の原産地がはっきりしていないものもありますので、注意が必要です。

また、鹿肉以外の原料にも注意して、ドッグフード全体としてワンちゃんの健康を考えた商品となっているか吟味することも重要です。鹿肉を使用したドッグフードは、一般的なものよりも高価であったり、匂いがきつかったりすることもありますが、ワンちゃんの健康寿命を延ばすためにも、一度試してみてはいかがでしょうか?