肥満に注意!ゴールデンレトリーバーにおすすめのドッグフードと口コミ

ゴールデンレトリーバーは、気が優しくて力持ち、そして人が大好きな犬種です。

 

しつけもしやすいことから大型犬の中でも人気犬種ですが、食いしん坊なところが玉にキズ。

 

おねだり上手なため肥満になりやすいのが特徴です。

肥満に注意!ゴールデンレトリーバーにおすすめのドッグフードと口コミ

 

また、長毛種で毛量が多いことから皮膚の病気にかかりやすく、股関節形成不全など遺伝疾患が多いことでも知られています。

 

シニアになるとガン、心臓病といった病気の発症率が高いため、若い頃から食事などで予防を心がけることも大切です。

 

ゴールデンレトリーバーの口コミ

犬種 ゴールデンレトリーバー
名前 ディロン
性別 男の子
年齢 5歳
体重 28kg
1回の食事量 ドッグフード50g(昼) (生馬肉 朝200g 夜300g)
食事の回数 1日3回
食費 犬の食費/月  25000?30000円

 

ディロンは我が家の3代目ですが、初代のゴールデンレトリーバーの時にダイエットが必要となり、とてもかわいそうな思いをさせてしまったため、食事について詳しく勉強し、2代目が7歳の時にドッグフードから生食へと切り替えました。パピーの時から生食とフィッシュ4ドッグのセットで育てています。

 

馬肉生食の良いところは、「犬本来の食事」であることと犬にとってとても大切な栄養素「生きた酵素」が摂取できることです。そして何よりも「高タンパク低脂肪」で低カロリー、豊富な栄養素を摂取できるところが生食の魅力です。

 

2代目より生食中心の食生活にしたところ、肥満とは縁のないスレンダーなカラダをキープすることができています。また、ドッグフード主体の食生活の時に比べ、皮膚の状態が圧倒的に改善されたこと、筋肉質の引き締まった体になったことが目に見えてわかるようになりました。これは、脂肪分の少ない食生活から得られた効果だと思います。

 

アスタキサンチン豊富な魚主体のドッグフード「フィッシュ4ドッグ」をチョイス

肥満に注意!ゴールデンレトリーバーにおすすめのドッグフードと口コミ

「フィッシュ4ドッグ スーペリアアダルト」に含まれる原材料
サーモン、ポテト、サーモンミール、エンドウ、サーモンオイル、サーモンダイジェスト、サンフラワーオイル、ビタミン&ミネラル、オキアミミール、ピートファイバー、酵母エキス、モルトエキス、乾燥海藻ミール、微細藻類(高DHA)、天然酸化防止剤、緑ムール貝エキス、スピルリナ

生食主体の食生活で困ることは、旅行時や災害時に対応できないこと。

 

また、魚も食生活のメニューに加えたいと考えたことから、アンチエイジング効果の高いアスタキサンチン豊富な魚主体のドッグフードを探した結果、サーモンがメインのフードである「フィッシュ4ドッグ」をチョイスしたのです。

 

フィッシュ4ドッグ スーペリアアダルトの特徴は、メインの食材がサーモンであることです。

 

市販されている魚が主体であるフードの多くは、タラなどの白身魚の含有量が多く、サーモン、サーモンオイルがふんだんに含まれているフードはほとんどありません。

 

また、関節に良いとされているグルコサミン・コンドロイチンを含有する緑イ貝やミネラル・プレバイオティクス豊富で消化促進に有効な海藻類、鉄分、免疫力をアップしてくれるスピルリナなど天然のサプリメントが配合されています。

 

新たに、オメガ3脂肪酸、アスタキサンチンが豊富で天然の抗酸化剤として知られるオキアミミールも配合され、生食とのセットでバランスが良いと考えこのフードに決めました。

 

口コミでは賛否両論ありますがアレルギーの犬にはおすすめ

 

フィッシュ4ドッグを与えている飼い主さんの口コミなどを見ると「涙焼けが改善された」「毛艶が良くなった」「アレルギーが改善された」などなかなかの高評価です。

 

ただ、他のフードに比べて食いつきが悪いなどの評価も目立ちました。

 

これはおそらく「脂肪分の多いまたは香料を添加した美味しい」ドッグフードを普段から食べているからと考えられます。

 

フィッシュ4ドッグは、袋を開けるとかなり魚臭い匂いがするので、慣れない犬には美味しいと感じないのかもしれません。まずは、少量パックでお試ししてみるといいのではないでしょうか。

 

気になるのは炭水化物の含有量

 

このフィッシュ4ドッグは、粗脂肪12%と平均的な含有量です。

 

気になる代謝カロリーですが、100gあたりのカロリーは352kcalと一般のドッグフードと変わりはありません。

 

ただこのフィッシュ4ドッグにはポテトやエンドウといった炭水化物が多く含まれているところが少し気になる点です。

 

体重が28kgのディロンの場合、1日に必要な摂取カロリーは約2800?3000kcal、炭水化物が多いので少しでも量を増やすとカロリーオーバーとなる可能性があるため、1回の量は50?80gと少なめにしています。

 

価格が下がればさらに良いのだけれど

 

毎日食べるものですから、価格帯は気になる方も多いと思います。グレインフリー、合成着色料無添加、化学保存料無添加と添加物や危険な原材料は含まれていないフィッシュ4ドッグ、内容量としては問題がないのですが1.5kgパッケージが¥3,629と少しお高めです。

 

ネット販売で探しても、割引価格で販売されているショップもないので、飼い主として負担が大きいのは事実です。しかし、アレルギーなどで長期にわたって動物病院に通うことを考えれば、多少割高であってもトライしてみる価値はあると思います。

 

旬の野菜、発酵食品は豊富にトッピング

 

犬には、たんぱく質の他にも必要となる栄養素がたくさんあります。中でも野菜に含まれるβカロチン、ビタミン・ミネラル類は欠かせない栄養素。

 

そこで、生食、ドッグフードに限らず、常に旬の新鮮な無農薬の野菜をトッピングするように心がけています。

 

肥満に注意!ゴールデンレトリーバーにおすすめのドッグフードと口コミ

完全食と言われているドッグフードですが、やはり新鮮な野菜から吸収できる栄養素に勝るものはないという考えと、ドッグフードからは摂取できない納豆やぬか漬け、ヨーグルトといった発酵食品を積極的に取り入れています。

 

また、たくさん泳いだ後や冬には体を温める食材、暑い時期には体の熱を取ってくれる食材選びを心がけ、加熱したり生で与えたりと工夫をしています。

 

犬が本来持っている自然の治癒力を高めるために、オーガニックのハーブをブレンドしたものもトッピングに加えています。

 

肥満に注意!ゴールデンレトリーバーにおすすめのドッグフードと口コミ

365日毎日、同じ味のドッグフードだけでは、あまりに味気ない食生活だと感じるので、できる限りの工夫をして「美味しい毎日」を送れるようにしてあげるのも飼い主の務めだと思いませんか。

 

健康なカラダは食べ物で作られるから

 

肥満に注意!ゴールデンレトリーバーにおすすめのドッグフードと口コミ

2代目のゴールデンレトリーバーは、7歳までドッグフード(ワイソング)のみの食生活でしたが、生食とフィッシュ4ドッグに切り替えたところ、特に肥満体型ではなかったのに3ヶ月で3kg減と余計な脂肪分が削ぎ落とされた感じでした。

 

ディロンは、ゴールデンレトリーバーとしては痩せているとみられがちですが、筋肉量が豊富で余計な脂肪は一切付いていないスレンダーな体型をしています。

 

また、皮膚の状態も良くゴールデンレトリーバーにありがちなアトピー性皮膚炎やアレルギーなどを発症することなく、5年間医者いらずの生活を送ることができています。

 

これもひとえに、食生活のお陰と考えています。犬は自分で食材を選ぶことができない上、食事量も自分で決めることはできません。

 

犬の肥満は飼い主の責任と言われているように、健康な犬を育てるには飼い主の管理が大切だということが、現在の食生活から教えられたと思っています。